かもめーる(夏のおたより・暑中・残暑見舞はがき)/金券チケット 買取 販売 案内ガイド

Posted by & filed under , .

かもめーる(夏のおたより・暑中・残暑見舞はがき)

夏のおたより郵便葉書

夏のおたより郵便葉書(なつのおたよりゆうびんはがき)は、お年玉付郵便葉書等に関する法律に基づき郵便事業株式会社が発行する郵便はがきの一種。ごく稀に「夏のおたより郵便はがき」という表記もされる。

歴史

1950年(昭和25年)から発行されており、当初は「暑中見舞用郵便葉書」と呼称していた。1986年(昭和61年)より「くじ」(懸賞)付きとなり、愛称「かもめ~る」が付けられた。愛称の制定にあたっては、夏をイメージする「かもめ」と「メール」を合わせた造語で、「カモン・メール」意味も込められている。なお、符号は長音符(ー)では無く波ダッシュ(〜)が正式である。2006年(平成18年)より現在の名称に変更されている。
毎年6月初旬に発行されており、くじの抽せんは9月上旬に行われる。

暑中見舞い

暑中見舞い(しょちゅうみまい)とは、暑中に知人などへ安否を尋ねるために家を訪問する、または手紙を出すこと。類似する残暑見舞い(ざんしょみまい)についても取り扱う。
本来は、1年で最も暑い時期に相手の健康を気遣うことであるが、現在は単なる社交辞令となっていることもある。寒中見舞いの逆にあたる。本来は梅雨明けから二十四節気の立秋までの間にするものとされ、それ以降は残暑見舞いとなる。
日本郵便では、暑中見舞い用に「かもめ~る」を発売している。無地のものとイラストつきのものがある。さらに年賀はがきと同様にくじ付きとなっており、抽選で景品が当たる。

◆チケット高価買取店舗◆
ジョイプラン・志木店・阿佐ヶ谷店

この記事に関する項目