三越百貨店商品券/金券チケット 買取 販売 案内ガイド

Posted by & filed under , .

三越百貨店商品券
三越百貨店
三越百貨店 10,000円
三越百貨店 ギフト券

三越
三越(みつこし、英称:Mitsukoshi)は、株式会社三越伊勢丹ホールディングス傘下の株式会社三越伊勢丹が運営する日本の百貨店。日本初の百貨店(デパートメントストア)であり、三井財閥(現在の三井グループ)の礎を築いた企業である。百貨店大手3社の一つ。

概説
江戸時代の1673年(延宝元年)に「店前現銀売り(たなさきげんきんうり)」や「現銀掛値無し(げんきんかけねなし)」「小裂何程にても売ります(切り売り)」など、当時では画期的な商法を次々と打ち出して名をはせた、呉服店の「越後屋」(ゑちごや)として創業。現在では当たり前になっている正札販売を世界で初めて実現し、当時富裕層だけのものだった呉服を、ひろく一般市民のものにした。

現在の商号「三越」は、三井家の「三井」と創業時の「越後屋」からとったもので、1904年に「合名会社三井呉服店」から「株式会社三越呉服店」へ改称した際からのものである。この年に「デパートメントストア宣言」を行い、日本での百貨店の歴史が始まる。1928年には「株式会社三越」となった。1935年に竣工した日本橋本店は、東京都選定歴史的建造物に指定されている。

現在の法人は、2003年(平成15年)9月1日に、当時の「株式会社三越」とその子会社である「株式会社名古屋三越」「株式会社千葉三越」「株式会社鹿児島三越」「株式会社福岡三越」の百貨店5社が、新設合併し設立された新「株式会社三越」である(同日以前の、会社としての旧株式会社三越は、この新設合併により消滅)。

売上高営業利益率は、グループ連結で1.09%、百貨店事業単独で0.799%と百貨店業界の中でも不振が続く。このため、2008年9月に百貨店4店舗・小売店2店舗の閉鎖を発表し、店舗の整理を始めた。また、経営統合後の再編方針により、2010年4月1日付で関東以外の店舗を分離した。

残った店舗については、2011年4月1日に伊勢丹と合併して発足した(存続会社は三越)「株式会社三越伊勢丹」の運営となった。また、同日には、札幌丸井今井と札幌三越の両社も統合し(存続会社は札幌丸井今井)、「株式会社札幌丸井三越」が発足している。

現在の同店のキャッチフレーズは、「飾る日も 飾らない日も 三越と」である。

店舗
2008年2月期・店別売上高も付記。
直営店
日本国内店舗
2010年度から直営は関東だけになった。さらに2011年4月1日には、株式会社三越が株式会社伊勢丹を吸収合併して発足した、「株式会社三越伊勢丹」の運営になった。※印の店舗は、日本百貨店協会の会員店舗ではない。
百貨店
・日本橋三越本店(東京都中央区)2729億円 139,155㎡(いずれも恵比寿店や外商等の数字も含む)本店単体の面積は本館49,000㎡+新館15,000㎡=64,000㎡
・銀座三越(東京都中央区)537億円 81,476㎡ (2010年9月に43,111㎡から増床リニューアルオープン)
・千葉三越(千葉市中央区)283億円 27,177㎡
専門店(専門館事業部)
・恵比寿三越(東京都渋谷区)※
・多摩センター三越(東京都多摩市)※
・新宿三越アルコット(東京都新宿区)198億円(2012年3月閉店予定)
・新宿アルタ
・池袋アルタ
小型売店 ※店名表記は「三越○○」(○○に地域名が入る。)
中小都市や空港などで営業。おもにアパレル、ギフトを扱う。外商機能も有する。
(単独の外商部、ブランドショップ、デパート・ホテル付属店舗をのぞく)
(☆印は外商出張所)
・福島県 – いわき
・茨城県 – 牛久、古河、水戸、石岡、鹿島(神栖市)、つくば
・栃木県 – 小山
・群馬県 – 高崎、伊勢崎、館林、桐生
・埼玉県 – 川越、新所沢(所沢市)、春日部、深谷、浦和(さいたま市浦和区)、久喜、羽生、川口
・千葉県 – 成田、茂原、旭、東金、五井(市原市)、臼井(佐倉市)、館山、ユーカリが丘(佐倉市)、木更津
・東京都 – 馬事公苑(世田谷区)
・神奈川県 – 厚木
日本国外店舗
・ロンドン三越(イギリス)
・ローマ三越(イタリア)
・オーランド三越(アメリカ・ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート – エプコット内に出店)
・花園飯店(上海)三越(中国)
・新光三越(台湾)
・台北信義新天地店1号店
・台北信義新天地店2号店
・台北信義新天地店3号店
・台北信義新天地店4号店
・台北駅前店
・台北南京西路1号店
・台北南京西路2号店
・台北南京西路3号店
・台北天母店
・桃園駅前店
・桃園大有店
・新竹店
・台中店
・嘉義店
・台南駅前店
・台南新天地店
・高雄三多店
・高雄左營店
関連会社の店舗
持株会社傘下の企業運営分を含む(三越に限る)。
百貨店
・札幌三越(札幌市中央区)390億円 31,336㎡
・2011年4月1日に札幌丸井今井と統合し、「株式会社札幌丸井三越」が運営。 
・仙台三越(仙台市青葉区)388億円 33,582㎡
・新潟三越(新潟市中央区)198億円 24,007㎡
・2010年4月1日より、新潟伊勢丹とともに「株式会社新潟三越伊勢丹」が運営。
・名古屋三越
・栄店(名古屋市中区)896億円 78,484㎡
・星ヶ丘店(名古屋市千種区)210億円 21,798㎡
・広島三越(広島市中区)176億円 15,851㎡
・高松三越(香川県高松市)267億円 27,085㎡
・松山三越(愛媛県松山市)226億円 22,045㎡
・福岡三越(福岡市中央区)447億円 38,031㎡
・2010年10月1日に岩田屋との経営統合により、「株式会社岩田屋三越」が運営。
・プランタン座(中央区銀座) 旧親会社のダイエーが読売新聞東京本社に全株を売却ののち、旧三越に30%が売却された。
・JR大阪三越伊勢丹(大阪市北区)
・2011年5月4日、JR大阪駅ビル(大阪ステーションシティ・ノースゲートビルディング)内に開店。運営はJR西日本グループとの合弁であるジェイアール西日本伊勢丹(1997年、JR京都駅ビルに「ジェイアール京都伊勢丹」を開店)が担当。
専門店
・ラシック(名古屋市中区) ※
・新潟アルタ
小型売店
記号凡例は直営に同じ。
・札幌三越(北海道)- 新千歳空港、帯広☆、釧路☆、北見☆ 、苫小牧☆、
・仙台三越(宮城県)- 石巻、大河原
・高松三越(香川県)- 高松空港、坂出、丸亀、観音寺、三本松(東かがわ市)
・松山三越(愛媛県)- 西条、今治

◆チケット高価買取店舗◆
ジョイプラン・志木店・阿佐ヶ谷店

この記事に関する項目