アメリカンエキスプレス商品券/金券チケット 買取 販売 案内ガイド

Posted by & filed under , .

アメリカンエキスプレス商品券
アメリカンエキスプレス

アメリカン・エキスプレス
アメリカン・エキスプレス (American Express, NYSE) は、トラベラーズチェックとクレジットカードの発行元であるアメリカ合衆国の企業である。国際ブランドとしてはトラベラーズチェックに位置付けられ、旅行業者又はこれを運営する。略称は「アメックス」 (Amex) 。

概要
本拠地のあるアメリカを中心に、トラベラーズチェックや旅行代理業をはじめとする旅行事業のほか、クレジットカード事業、法人向け銀行事業、プライベートバンク、投資信託、保険業等様々な事業を手がける。
アメリカの他、日本やイタリア、イギリス、メキシコ、カナダ、オーストラリアなどを主な市場として、世界各国でクレジットカードの発行を行っている他、現在世界140カ国に2,200のトラベル・サービスオフィスを展開する。また、全世界のカード会員数は7800万人に達している。現在の筆頭株主はウォーレン・バフェットが率いる投資会社バークシャー・ハサウェイ (12.1%) である。

日本におけるアメリカン・エキスプレス
日本では、 American Express International, Inc.(アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド)日本支社(以下日本支社)がアメリカン・エキスプレス・カードを発行している他、旅行代理業やトラベラーズ・チェックの発行も行っている。また、ライセンスを受けた数社もカードを発行している。
歴史 [編集]
90年を超える歴史 [編集]

第一次世界大戦中の1917年に、アメリカ人旅行者に対するサービス及びサポート拠点として日本事務所が開設された。その後、1941年に第二次世界大戦における日本とアメリカとの間の開戦を受けて一時的に撤退したものの、大戦終結後の1954年には改めて日本支社が設立された。

またJCBとは下述のとおり加盟店業務において提携関係にあり、アメリカン・エキスプレスの日本本格進出及びJCBの海外進出以前には、JCB会員が海外渡航する際にJCB斡旋による短期利用アメリカン・エキスプレスカード(一般カード)の提供がされていた。

事業展開 [編集]

その後は高度経済成長を受けて日本市場における事業を拡大し、1974年に日本円のトラベラーズ・チェックが発行された他、1980年にはアメリカン・エキスプレスとしては日本市場における初のクレジットカードであるゴールド・カードの発行が開始された。

また、その後の1983年にアメリカン・エキスプレス・カード(基本カード)が発行された他、1992年にリボルビング払い専用カードが、1993年にはプラチナ・カードが、2003年にはセンチュリオン・カードの発行が開始された。

影響 [編集]

ゴールド・カードの発行後には、多くの競合他社がそのコンセプトを模倣した。プラチナ・カード(なお、日本国内において「プラチナカード」の商標権はアメリカン・エキスプレスにある)や、その券面の色から「ブラックカード」と称されるセンチュリオン・カードのコンセプトも同様である。

また個人事業主や医師、弁護士などの専門職向けの「ビジネスカード」分野におけるパイオニアのひとつとされており、現在もビジネスカードやプレミアムカード市場では大きなシェアを占めるなど、その存在が日本のクレジットカード市場と富裕層、準富裕層向け金融サービスに与えた影響は少なくないと評価されている。
現在 [編集]

上記のように、日本のクレジットカード市場と富裕層向け金融サービスに大きな影響を与え続けてきたものの、2007年後半以降の世界的な金融危機と不況、貸し倒れの増加を受けて、日本国内においても事業とサービスの縮小、削減及び人員削減を行っている。

◆チケット高価買取店舗◆
ジョイプラン・志木店・阿佐ヶ谷店

この記事に関する項目