イトーヨーカドー商品券/金券チケット 買取 販売 案内ガイド

Posted by & filed under , .

スーパー商品券
イトーヨーカドー商品券

イトーヨーカドー
株式会社イトーヨーカ堂(イトーヨーカどう、英称:Ito-Yokado Co., Ltd.)は、関東地方を中心に25都道府県に店舗をもつゼネラルマーチャンダイズストア (GMS) 「イトーヨーカドー」を運営する会社。セブン&アイ・ホールディングスの子会社であり中核企業である。

概要
社名は「イトーヨーカ堂」だが、店舗名では「イトーヨーカドー」あるいは「Ito Yokado」と表記しており、報道などの略称では「ヨーカドー」とも呼ばれることがある。証券市場では「イトヨーカ」と表記されることが多かった(持株会社セブン&アイ・ホールディングスの上場により上場廃止)。英語表記の頭文字を取って、「IY(アイ・ワイ)」とも呼ばれる。

出店方針としては、セブン-イレブンと同様にドミナント政策をとっており、全国展開を優先しているイオンや以前のダイエーと対照的である。このような効率的な経営が他社より高い利益率を生んでいるが、特に南関東エリアには1都3県で109店(ザ・プライスやアリオを含む)と多数の店舗を持つ一方、その1都3県と北海道以外、10店舗以上出店している府県はない。

北陸地方、山陰地方、四国地方、九州・沖縄地方には店舗が存在せず、また首都圏以外は数店舗しか出店していないため、関東地方での知名度とそれ以外の地域での知名度に大きな開きがある。特に近畿地方以西の23府県では2府4県に計13店舗、人口規模の大きい大阪府・兵庫県でもアリオを含めても9店舗しか出店しておらず、かつ近畿地方進出が1986年で比較的遅かったことから、西日本での知名度は非常に低い。

日本国内に177店舗を展開しているが(2010年3月現在、新潟県内の株式会社丸大の店舗を含む)、そのうち田無店では衣料品のみの取扱いで、小型店舗や食品館、ザ・プライスでは食料品と日用品のみの取り扱いとなる。また南松本店と新百合ヶ丘エルミロードのテナントである新百合ヶ丘店は、衣料品及び住関連商品をイトーヨーカドーが取扱い、食料品については、南松本店ではアルピコグループ傘下の食品スーパー「アップルランド」、新百合ヶ丘店では小田急グループ傘下の小田急商事が運営するスーパー「Odakyu OX」が取り扱う。

独立系企業だが、かつての三井銀行(現・三井住友銀行)と縁が深い。三井物産とは物流などの面で提携関係にあり、共同でダイエーの再建に名乗りをあげた。また、2005年にはショッピングセンター (SC) 開発会社「株式会社モール・エスシー開発」を三井物産と共同出資で設立し、従来あまり注力していなかった大型ショッピングセンター事業を本格展開、「Ario(アリオ)」として各地で開業している。

◆チケット高価買取店舗◆
ジョイプラン・志木店・阿佐ヶ谷店

この記事に関する項目