サティ商品券/金券チケット 買取 販売 案内ガイド

Posted by & filed under , .

スーパー商品券
サティ商品券

サティ (チェーンストア)
サティ(英称:SATY)はマイカル(現:イオンリテール)とイオン九州(旧:マイカル九州)が運営していた商業施設である。

2011年3月1日、ジャスコとポスフールとの統合に伴い店舗ブランドをイオンへ転換し、イオンリテール運営で存続していた広島サティも2011年7月18日に閉店したため、「サティ」の名称を冠する店舗は消滅した。

概要
1984年にニチイが奈良市に新業態として開業。もともと総合スーパーと百貨店の中間業態を標榜し、従来の総合スーパーよりも高級志向を打ち出した「生活百貨店」と位置づけたものである(ただしマイカルとしては、さらに多種多様な業態を複合した「マイカルタウン」を主力化していた)。

当時開業したサティは、規模は小さいもののショッピングセンターとして扱われている。その後ニチイブランドの店舗のリニューアルや新規出店などでピーク時には200店舗を数えるほどになる。しかし、2001年以降には、マイカルの破たんやそれに伴う整理などで大量閉店(イオングループ他社店舗への転換やグループ外企業による居抜き出店した例等も少なくない。)をした。

子会社の整理などでも子会社運営の店舗は吸収合併や譲り受け(事実上は吸収合併)により本州四国の店舗はマイカル直営となっていた。なお、北海道地区で運営していたマイカル北海道(現:イオン北海道)の店舗についてはポスフールに転換したため末期にには店舗は存在していなかった。

最末期(イオンへの統合直前)には、北海道、青森県、宮城県、栃木県、富山県、福井県、岐阜県、静岡県、岡山県、和歌山県、徳島県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、沖縄県の16道県を除く日本全国に店舗があった。青森・宮崎・沖縄県以外は統合以前に撤退した。

なお、「サティ」の店名は、”Select Any Time for Yourself”の略が由来であるとされる。

沿革
1984年 – 奈良市にサティ第一号店(学園前サティ)(開店当初はサティ学園前)が開店(2000年閉店)。その後新規出店やニチイブランドの店舗と転換させる形で店舗を増やす。
2001年9月1日 – マイカル東北が運営する店舗のうち、優良7店舗(秋田サティ、旧盛岡南サティ、一関サティ、米沢サティ、福島サティ、会津サティ、いわきサティ)がマイカル本社に店舗譲渡され、マイカル直営店舗になる。
2001年9月14日 – マイカルが民事再生法の適用を申請して経営破綻。不採算店を大量閉鎖。
2002年4月26日-5月24日 – 北海道地区のサティが大谷地サティを除き順次ポスフールに改称。
2002年10月16日 – 大谷地サティ閉店により北海道からサティが消滅。
2003年11月28日 – マイカルがイオンの完全子会社となる。
2006年9月15日 – マイカルが岩手県盛岡市に経営破綻後としては初の「盛岡南サティ」(イオン盛岡南ショッピングセンター内)を開店。
2007年3月8日 – マイカル九州が福岡市早良区に経営破綻後としては初の「原サティ」を居抜き出店により開店(九州地区のサティとしては最後の新規出店)。
2007年8月21日 – 九州地方でサティ(門司サティを除く)を展開していたマイカル九州がイオン九州と合併(サティのブランド名は継続)。
2008年8月31日 – 九州地方で最後のマイカル直営店舗「門司サティ」が閉店。
2010年3月9日 – サティ業態として最後の「新瑞橋サティ」をイオンモール新瑞橋に出店。
2011年3月1日 – GMS事業の再編に伴い、マイカルがイオンリテールに吸収合併。広島サティ以外全店がイオンへ転換。
2011年7月18日 – 広島サティ閉店によりサティブランドは名実ともに27年の歴史に幕を閉じる。

◆チケット高価買取店舗◆
ジョイプラン・志木店・阿佐ヶ谷店

この記事に関する項目