サミット商品券/金券チケット 買取 販売 案内ガイド

Posted by & filed under , .

スーパー商品券
サミット商品券

サミット (チェーンストア)
サミット株式会社(英文社名:SUMMIT,INC.)は、スーパーマーケットチェーン「サミットストア」を展開している小売企業。東京都杉並区永福に本部を置く。

沿革
1962年(昭和37年) – 住友商事が米国の大手スーパー・セーフウェイとの提携を発表。
1963年(昭和38年) – 住友商事(株)が米国セーフウェイ社の指導により、株式会社京浜商会(サミットの前身)を設立。食品スーパーの1号店(野沢店)を東京都世田谷区野沢に開店。日本国内での反対圧力の強さに、セーフウェイは日本進出を断念。
1967年(昭和42年) – 株式会社サミットストアに社名変更。
1974年(昭和49年) – 初の本格的衣料売場を備えた笹塚店を開店。
1976年(昭和51年) – CIS(コーポレート・アイデンティティシステム)を導入。
1977年(昭和52年) – 本格的な食品、衣料品売場を備えた大型店舗の五反野店を開店。新店舗運営システム(店長主導型店舗)を導入。
1978年(昭和53年) – 消費者モニター制度を導入。
1983年(昭和58年) – アンデルセンと業務提携し、インストアベーカリー事業へ進出し、和光店内に1号店を開店。
1984年(昭和59年) – L.S.P(レイバー・スケジューリング・プログラム)を導入。
1985年(昭和60年) – 和泉店にPOSシステムを実験導入。
1987年(昭和62年) – 書店1号店(ブックスゴロー花見川店)を開店し、書店事業へ進出。
1988年(昭和63年) – サミット株式会社に社名変更。
1989年(平成元年) – 関連会社のサミット・ジーエムエス(現在のサミット・コルモ)を設立。西永福店に、購入商品の調理、加工サービスを行うキッチンサービスコーナーを初めて設置。所沢物流センターを稼働させる。
1992年(平成4年) – 新本部ビル竣工により現在地に移転。
1993年(平成5年) – 初の三層構造のCUBIC MART(立体市場)タイプのスーパーマーケット、妙法寺前店を開店。 スーパーマーケット、ベーカリー店、書店、衣料店の全事業が結集した王子店を開店。
1995年(平成7年) – 戸田駅店で初の深夜営業(午前0時30分閉店)を開始。
1996年(平成8年) – 旧「堀ノ内店」をセットにするなど制作に協力した映画『スーパーの女』(監督:伊丹十三)が公開される。年商1,000億円を超える。初の「ハートビル法」認定店舗(横浜市認定1号)の菊名店を開店。
1998年(平成10年) – 川崎物流センターを稼働させる。代沢十字路店で購入商品の配達サービスを開始。
1999年(平成11年) – 大井物流センターを稼働させる。
2000年(平成12年) – サミット・ジーエムエスがサミット・コルモに社名変更。
2001年(平成13年) – 荒井伸也、社長退任、オール日本スーパーマーケット協会会長に就任。高田浩が社長就任。
2002年(平成14年) – 荒井伸也、日本チェーンストア協会関東支部長に就任。府中西原店で医薬品の販売を開始。
2003年(平成15年) – 代沢十字路店で宅配サービスの実験を開始。ドラッグ事業1号店「すこやか花子川口エルザタワー店」を開店。南加瀬店で24時間営業の実験を開始。
2005年(平成17年) – ISO 14001の認証を取得。
2006年(平成18年) – 日本スーパーマーケット協会に加盟。自社開発ショッピングセンター1号店(グリーンマークシティー保木間店)を足立区に開店。
2007年(平成19年) – 高田浩が社長退任。田尻一が社長就任。千葉県松戸市に近隣型ショッピングセンター2号店(グリーンマークシティー松戸新田店)10月開店。
2009年(平成21年) – 8月2日をもってつつじヶ丘店が閉店。跡地は「ネットスーパーサミットらくちん君」の倉庫として使用。11月21日、江東区初のサミットストア、イースト21店が開業。

主力事業・店舗
2011年11月30日現在、首都圏1都3県にて食品スーパー「サミットストア」102店舗(東京都71店舗、埼玉県14店舗、神奈川県11店舗、千葉県6店舗)を展開する。他に自社開発による近隣型ショッピングセンター (NSC) である「グリーンマークシティ」を2店舗(保木間店・松戸新田店)有する。ほかに、「ブックスゴロー」(書店)、「ドラッグすこやか花子」(ドラッグストア)を、サミットストアに併設または近隣に開設する形(一部は単独店舗)で展開している。

サミットストアのポイントカード制度ではポイントを商品購入代金にあてる他に、毎週火曜日を「キャッシュバックサービスデー」として、店舗のサービスカウンターにてポイントを現金に換えるサービスを行っている。

ブックスゴローでは客の回遊性を高めるため、客の目を引く雑誌類を入口付近に陳列する一般的な書店と異なり、雑誌を店内壁面に陳列しメイン通路を壁面に沿って周回するように設ける「雑誌コーナーの壁面レイアウト」を特徴としており、食品スーパーにおける同様のノウハウを取り入れている。

子会社の「株式会社サミット・コルモ」では、衣料品店舗「コルモピア」を展開している。コルモピアはサミットストアだけではなくヤオコーやスーパーアルプスの併設店舗となっているケースもある。

各店舗には店舗番号がつけられており、東京都西部は100番台、東京都東部・千葉県は200番台、東京都北部・埼玉県は300番台、東京都南部・神奈川県は400番台の店舗番号がつけられている。

◆チケット高価買取店舗◆
ジョイプラン・志木店・阿佐ヶ谷店

この記事に関する項目