マルエツ スーパー商品券(ギフト券)/金券チケット 買取 販売 案内ガイド

Posted by & filed under , .

マルエツ スーパー商品券(ギフト券)

マルエツ
株式会社マルエツ(英: The Maruetsu,Inc.)は、関東地方を中心に店舗をもつスーパーマーケットチェーン。食品SMとしては国内最大規模の店舗数、売上高、利益を誇る。

概要
長らくダイエーグループの主力企業であったが、ダイエーが丸紅の子会社となった関係で、2006年10月6日以降は丸紅が実質的な親会社となっていた。2007年3月のダイエー・丸紅・イオンの3社間資本・業務提携での合意による株主異動の結果、現在は親会社はいなくなったが、「その他の関係会社」として丸紅とイオンが主要株主となっている。

マスコットキャラクターとして「ドクター元気」がある。ドクター元気は、2001年9月1日にCD『オー!マイ Dr.元気』を発売している。

2005年決算は前期より減益であり、そのためスーパーの中では珍しく大卒、高卒の新卒の採用をしていない。Foodexpress名の店舗の出店を急ぎすぎ、拡大路線が裏目に出たのが一因と見られる。
経営理念
・存在意義 私たちは、安全でおいしい商品の提供を通じて、健康で豊かな食生活に貢献します。
・経営姿勢 私たちは、常に革新と挑戦を続け、公正で誠実な企業であり続けます。
・行動規範 私たちは、地域のお客様に愛される、笑顔と活気あふれる店づくりを推進します。
社章・シンボルマーク
・親会社だったダイエーは、2005年12月1日にコーポレートアイデンティティ(CI)導入で新しい社章・シンボルマークに変更したが、マルエツではその後もダイエーの旧社章の上弦の月をモチーフにした「D」マークを社章として引き続き使用していた。その後、2006年末からDマークを使わず「Maruetsu」をロゴ化したもの(筆字のような感じで、現在のものとは別)を一時的に使用する時期を経て、2007年5月18日から正式に新しいマーク(「M」の字を図案化したマーク。英字ロゴは「maruetsu」に変更)とCIが導入され、既存店舗も順次切替が進められている。
・さらにそれ以前は、丸の中に「a」が入った、『@』に近い意匠の社章であった。マルエツの「マ」にも見えた。
・コーポレート・スローガンは「しあわせいかつ。」。2007年5月17日以前は「地縁ストア」で、それ以前はダイエーと同じ「よい品をどんどん安く」であった。

店舗形態
・マルエツ
・マルエツ プチ
・リンコス
・魚悦(鮮魚専門店及び小型DS・ブランド名は創業当時の屋号から付けられた。)
過去の店舗形態
・フーデックスプレス
・サンデーマート
・ポロロッカ

◆チケット高価買取店舗◆
ジョイプラン・志木店・阿佐ヶ谷店

この記事に関する項目