オーケーストア商品券/金券チケット 買取 販売 案内ガイド

Posted by & filed under , .

スーパー商品券
オーケーストア商品券

オーケーストア
オーケー株式会社(英: OK Corporation)は、東京都大田区仲六郷に本社を置く中堅のディスカウントセンター (DC) 及びディスカウントスーパーマーケット (DS) を展開する企業であり、関東地方と東北地方に店舗を有する。

企業概要
オーナーは飯田勧。酒卸問屋「岡永商店(現・岡永)」の経営者・飯田紋治郎の三男である。長兄・博は「岡永」会長兼「日本名門酒会」最高顧問、次兄・保は居酒屋チェーン「天狗」のテンアライドの最高顧問、末弟・亮はセコムの最高顧問である。

1958年6月25日に第1号店を上板橋に開店、1967年にオーケー株式会社を設立。1975年5月2日には日本初の無人スーパーの実験店舗として国分寺店がオープンしたが、来店客から不評のため短期間で従来の形式に改装された。人口密度が高い国道16号の内側を出店戦略地域としている。

1986年以降、世界最大の小売企業であるアメリカ合衆国・ウォルマートを手本とした経営をしており、「EDLP」(Everyday Low Price = 毎日安い)と呼ばれる価格戦略を採用している。

株式は公開しておらず、株価が経常利益と連動する種類株式をオーケーストア店頭のサービスカウンターで直接顧客に販売するなどして借入金なしでの経営を目指している。

店舗概要
現在は東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・宮城県の1都4県で店舗展開・営業している。関東地方61店舗、東北地方3店舗。今後は国道16号の内側を当面の出店予定地域としている。

EDLPを方針としていることから、価格を極端に引き下げる特売は行っておらず、その代わり全般的な価格を低めに抑える価格戦略を採っている。従って、折込チラシにはオーケーの通常価格が掲載されるのみである。

品揃えはメーカーから仕入れるナショナルブランド商品を中心とし、原則として各商品につき1メーカーに絞り品目数を減らして1品目を大量に仕入れることで仕入れ価格を抑えている。チラシなどに基づき、近隣の競合店(スーパー、ドラッグストア等)が特売などによりオーケーの販売価格を下回った場合にはそれ以下の価格まで下げる「対抗値下げ」を行いPOP広告を掲示して対応している。逆に値上げを行う際には「オネストカード」と呼ぶ事前告知を掲示することもある。

ナショナルブランド商品ではない青果、精肉、鮮魚といった生鮮食品などについてはこれらの方針は当てはまらないが、オネストカード掲示はナショナルブランド商品同様に掲示される。(青果部門での掲示が多い)、また取り扱い商品も店舗の周辺環境などによって大きく違う。

商品の価格は「98.00円(102.90円)」のように銭単位で税抜価格と税込価格を併記し、税抜価格の方を目立つ赤字で表示している。クレジットカードは従来使用できなかったが、2010年12月より一部店舗・レジにおいてVISAカードの取り扱いを開始した。なお、クレジットカードでの支払いを行う場合はオーケークラブによる食品103分の3割引の対象外となっている。また、家電製品など高額商品以外は一括払いのみの取り扱いとなる。

2005年10月に労働基準監督署から「時間外勤務手当が適切に支払われていないので改善するように」(いわゆるサービス残業)との是正勧告を受けており、営業時間外の労働を解消するため開店後の品出しや閉店前の片付けが行われている。

◆チケット高価買取店舗◆
ジョイプラン・志木店・阿佐ヶ谷店

この記事に関する項目