ライフコーポレーション商品券/金券チケット 買取 販売 案内ガイド

Posted by & filed under , .

スーパー商品券
ライフコーポレーション商品券

ライフコーポレーション
株式会社ライフコーポレーションは、東京都昭島市に本社を持つ食料品主体のスーパーマーケットチェーン。1934年創業。 ニチリウグループに加盟。

食品スーパー「ライフコーポレーション」を、関東地方(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、群馬県、栃木県)と福島県に展開。傘下には、北関東地域に展開する「たいらや」、茨城地区に展開している「スーパーやまうち」「マスダ」がある。 かつては静岡地区に展開していた「シーズンセレクト」(旧・松菱商事 2001年に倒産した地元百貨店の松菱の関連会社、のちにライフコーポレーション傘下となる)があったが、2008年8月に全株式をマックスバリュ東海(イオングループ)に売却したため、静岡県から撤退した。

沿革
1910年(明治43年) – 創業
1941年(昭和16年)2月22日 – 大興セルロイド株式会社設立。(株式額面金額50円)
1956年(昭和31年)10月 – 清水実業株式会社(初代)を設立。
1956年(昭和31年)10月24日 – 株式会社ライフを設立。(東京都板橋区仲宿47番地、株式額面金額500円)
1961年(昭和36年)11月 – スーパーマーケット1号店(豊中店)を開設
1971年(昭和46年)10月 – 東京地区本部開設。首都圏進出第1号店(板橋店)開設
1973年(昭和48年)10月 – 商号を清水実業株式会社(初代)から株式会社ライフに変更。
1975年(昭和50年)8月20日 – 大興セルロイド株式会社の商号を清水実業株式会社(2代)に変更。
1978年(昭和53年)12月1日 – 清水実業株式会社(2代)が休業状態であった株式会社ライフ(初代)を吸収合併し、株式会社ライフ(2代目)に商号変更。(いわゆる株式額面変更目的の合併)
1981年(昭和56年)3月 – 商号を株式会社ライフストアに変更。東京地区本部を板橋区高島平に移転
1982年(昭和57年) – 大阪証券取引所市場第二部に株式を上場。
1983年(昭和58年) – 東京証券取引所市場第二部に株式を上場。
1984年(昭和59年) – 大阪及び東京証券取引所市場第一部銘柄に指定。
1985年(昭和60年) – POSレジ導入
1986年(昭和61年) – 清水信次会長、日本チェーンストア協会会長に就任
1991年(平成3年) - 株式会社ライフコーポレーションへ社名変更。大阪本社をJR新大阪駅前に移転。大阪、東京2本社体制に
2002年(平成14年) – 教育・研修のための(株)日本流通未来教育センターをマルエツと合弁で設立
2005年(平成17年) – 三菱商事と資本提携強化
2006年(平成18年) – 代表取締役に岩崎高治が就任
2008年(平成20年) – 近畿圏、首都圏あわせて200店舗達成
2012年 (平成24年) – 売上高が5000億円を突破
2012年 (平成24年) 5月15日 - 埼玉県を地盤とする食品スーパーヤオコーと業務提携の協議を始めることを公表。

◆チケット高価買取店舗◆
ジョイプラン・志木店・阿佐ヶ谷店

この記事に関する項目