西友 商品券/金券チケット 買取 販売 案内ガイド

Posted by & filed under , .

西友商品券
西友 商品券 1,000円

西友
合同会社西友(せいゆう、英称:Seiyu GK.)は、サム・ウォルトン率いる世界最大の小売チェーン、ウォルマートの日本における子会社。24時間営業が基本となっている。東京を拠点としてスーパーマーケットチェーン、ゼネラルマーチャンダイズストアなどを運営している。

概要
セゾングループ時代
1956年に旧西武グループ・西武百貨店のスーパーマーケット部門として創業し、西武線沿線を中心に店舗を展開する。1960年代に創業者である堤康次郎の死去により西武鉄道グループから分裂し、堤清二率いるセゾングループの中核企業として規模拡大を押し進めた。

バブル期にはセゾンコーポレーション社主であった堤清二の意向でインターコンチネンタルホテルズを子会社化するも、バブル崩壊後に戦略はつまづきグループは縮小した。特に傘下のノンバンク「東京シティファイナンス」が多額の不良債権を抱えたことにより、1998年前後に西友からスピンアウトしていたファミリーマート・良品計画や、インターコンチネンタルホテルグループそれぞれの保有株式の大半を売却するも1兆円を超える巨額の有利子負債が残り、西洋環境開発と併せてセゾングループ解体の引き金となったことで知られる。
ウォルマートグループ入りへ
2000年、西武百貨店に代わり、住友商事が大株主となり、2001年頃には、新興住宅地への出店(中浦和駅店)や、大型ショッピングセンターザ・モールみずほ16の開業を行っていた。

しかし、住友商事は既に同様のGMSのサミット[1]も運営しており、その関係で2002年には、世界最大のスーパーマーケットチェーンであるアメリカ合衆国の「ウォルマート」との包括提携と資本参加へ至った。2003年からウォルマート流の商品管理システムの導入や、正社員従業員の早期退職制度実施(非正規雇用で継続または退職)による大規模なリストラを実施。しかし、「失われた10年」の間に表面化した巨額の負債と、東京近郊(特に埼玉県・神奈川県)へ殆ど進出していなかったイオングループ店舗(ジャスコ・サティ・マルエツ・マックスバリュなど)とイトーヨーカ堂を筆頭とした大手GMS間の競争激化により、西友は売上の増減と経常損失計上を繰り返し、迷走が続いていた。

その間にも、支援のための新株予約権が行使されて、ウォルマートの出資比率は段階的に高まり、2006年からはウォルマートの子会社となった。2007年12月にはTOBによってほとんどの株式を取得、2008年4月に完全子会社化され上場廃止となった(直接の株式保有は、ウォルマート・ストアーズの孫会社で資産管理会社であるオランダの「ワイオミング ホールディング ジーエムビーエイチ(Wyoming Holding GmbH)」)。2009年3月1日付で、直接保有株主がWyoming Holding GmbHから日本事業を統括する中間持株会社「ウォルマート・ジャパン・ホールディングス合同会社(2009年2月10日設立)」に移った。

初期の頃は、ウォルマートのEDLP(エブリディ・ロープライス)と呼ばれる「恒常的な低価格化」の実現を目指し、アメリカ合衆国流の戦略をそのまま導入していたが、特売による集客に頼る日本では根づかず苦戦。2004年頃には『毎日安いから足を運んでもらえる』と新聞の折込チラシも廃止したが、週末に車で来店し1週間分の買い物をするアメリカ合衆国の利用者とは違い、毎日チラシで価格をチェックする日本の主婦には受け入れられず、後に折込チラシを復活。アメリカ合衆国流の戦略が日本の消費者に合致せず、2008年12月期まで7年連続で純損益が赤字になってしまった。

しかし、同時にウォルマート流で固定費の見直しを地道に行いつつ、アメリカ合衆国流の戦略を日本市場にマッチングさせるため、「リヴィンよこすか店」や「新座店」などの実験店舗の展開をしたり、新商品・季節商品依存の売り場からの転換、店員行動の効率化をはかり、2008年頃からはウォルマートのグローバル戦略から離れた西友独自の施策「KY」キャンペーンを開始。経済情勢の変化も重なり、2008年12月期を期に改善。ようやく価格攻勢に立ち向かう姿勢を見い出し、利益率の改善や、他社が売上高マイナスの中でプラスへと持っていくなど変化つつあるが道半ばである。

そして、2010年7月以降、赤羽本社に「ウォルマート」のロゴを掲げ始め、「ウォルマート」のカード発行、「walmart」と書かれたエコバッグの販売、「○○(「野菜」「果物」など)が安い!その理由は『walmart』」のポスター表示など、徐々に「ウォルマート」の表示を出し始めている。時期は未定だが、近い将来、「西友」(「サニー」)ブランド自体も変え、「新しい屋号=ウォルマート」を使用するつもりでいるとされている[2]。
セゾンとの関係
1956年に設立された西武ストアーを前身とするが、ウォルマートの資本参加後は西武鉄道グループ・旧セゾングループとの資本関係はなくなっている。しかし、実質的なハウスカードはクレディセゾンが運営するセゾンカードであり、また東京・西埼玉を中心に西武鉄道からの建物賃貸を受けて運営する店舗が多数存在するなど、緩やかな提携関係は続いている。ちなみに西友は西武ライオンズのゲームスポンサーとして参加と応援をしている。ライオンズ優勝セールは、以前は行っていたが、2008年の優勝時は行わなかった。

なお、全てのセゾンカード(UCカードは除く)を対象に、月間2 – 4日程度「セゾンカード感謝デー」と称した優待日を設定しており、金券や書籍類、酒類、タバコなどを除いた全ての商品がレジ精算金額(セール価格含む)よりさらに明細書上で5%割引で請求される。一部の店舗にはセゾンカウンターが設置されている。

2010年には西友での決済で常時1%割引(永久不滅ポイントは付かない。なお、セゾンカード感謝デーはそちらの優待のみとなる)になるクレジットカード「ウォルマートカード」を導入したが、こちらもやはりセゾンとの提携カードである。

運営形態
・西友
・ゼネラルマーチャンダイズストア
・スーパーマーケット
・スーパーセンター – ウォルマート流のワンフロア店舗。沼津店、浜北店の2店舗のみが当てはまる。
・西友ネットスーパー
・リヴィン(LIVIN) 「新生活百貨店」。大型店舗
・サニー – 福岡県を中心に九州で運営されているスーパーマーケット。
・ショッピングセンター
・ザ・モール – コミュニティ型
・西友楽市 – ネイバーフッド型
・小田原EPO – 専門店型店舗。木更津にも存在した。

◆チケット高価買取店舗◆
ジョイプラン・志木店・阿佐ヶ谷店

この記事に関する項目