はるやま商事 商品券/金券チケット 買取 販売 案内ガイド

Posted by & filed under , .

はるやま商事 商品券

はるやま商事(はるやましょうじ)は、岡山市北区表町に本社を置くアパレル関連企業である。主に紳士服を製造・販売し、西日本を中心とした関東以西の地域で、紳士服のはるやま等の店舗運営を行う。紳士服業界では、第3位。日本オリンピック委員会 (JOC) のオフィシャルパートナーシップ企業。

沿革

1955年4月 – 治山正次が岡山県玉野市に洋服専門店を創業する。
1973年7月 – (旧)はるやま商事株式会社を設立。[1]
1974年11月 – 株式会社関西地区はるやまチェーン(現・はるやま商事株式会社)を設立。
1977年12月 – 東京紳士服株式会社を販売会社として設立。
1988年10月 – 岡山市青江に大型店舗「青江総本店」を開店。
1991年4月 – (旧)はるやま商事株式会社が東京紳士服株式会社を吸収合併し、商号を正式にはるやま商事株式会社に変更。
1994年11月 – 大阪証券取引所第2部へ上場。
1998年12月 – 東京証券取引所第2部へ上場。
2000年11月 – Perfect Suit FActory (P.S.FA) を東京都港区赤坂に開店し、同店舗の全国展開を開始。
2002年9月 – 東京証券取引所及び大阪証券取引所市場第一部に指定。
2003年6月 – 治山正次が社長を退任し、会長に就任。後任社長に治山正史が就任。
2003年12月 – 大阪証券取引所市場第一部への上場を廃止。
2006年4月 – JOCオフィシャルパートナー契約を締結。
2006年7月 – 子会社株式会社H・Mを設立。
2006年10月 – 株式会社マツヤから紳士服事業の譲渡を受け入れる。
2006年11月 – 紳士服はるやま、マスカット、P.S.FAで電子マネーEdyを使用可能にする[2]。
2008年4月 – 連結子会社の株式会社H・Mを吸収合併。
2008年5月 – 北京オリンピック日本代表選手団の公式服装を発表。
2008年7月 – ネットカフェ事業を映クラ株式会社に売却。株式会社モリワンを子会社化。
2009年3月 – P.S.FA Platinumを大丸梅田店(10階フロア)に開店し、同店舗の全国展開を開始。[3][4][5]
2009年9月 – レディスファッション業態「ミリオンカラッツ」を渋谷・池袋・新宿にオープン
2010年6月 – はるやまオフィシャルオンラインストア事業を開始[6][7]
2012年1月 – 下請会社に対し、売れ残りを強制的に返品した上、代金も返金させていたとして、公正取引委員会から勧告を受ける[8]。
はるやま商事(はるやましょうじ)は、岡山市北区表町に本社を置くアパレル関連企業である。主に紳士服を製造・販売し、西日本を中心とした関東以西の地域で、紳士服のはるやま等の店舗運営を行う。紳士服業界では、第3位。日本オリンピック委員会 (JOC) のオフィシャルパートナーシップ企業。

◆チケット高価買取店舗◆
ジョイプラン・志木店・阿佐ヶ谷店

この記事に関する項目