平和堂 商品券/金券チケット 買取 販売 案内ガイド

Posted by & filed under , .

平和堂 商品券

株式会社平和堂(へいわどう)は、滋賀県を拠点に近畿地方・北陸地方と東海地方を商圏とするスーパーマーケットチェーン。前身は1953年12月に開店した夏原商店で、1957年に「靴とカバンの店・平和堂」として創業[1]。1966年に衣料・雑貨・食品販売の総合スーパー(GMS)となる。日本流通産業(ニチリウ)の中核企業。

概要

滋賀県彦根市に本部ビルが所在する。社名は創業者の、故夏原平次郎が息子の夏原平和(現社長)の名前から付けたもの。
ドミナント戦略を特徴とし、滋賀県に71店舗、京都府に16店舗、大阪府に11店舗、兵庫県に2店舗、福井県に6店舗、石川県に5店舗、富山県に2店舗、岐阜県に11店舗、愛知県に11店舗を構える(2011年10月末現在。子会社店舗を含む)。通常のスーパーマーケット店舗のほか、大型店を「アル・プラザ(AP)」、小型店を「フレンドマート(FM)」または「スーパーフレンド(SF)」のブランドで展開している。
新規の大型店だけでなく、商店街組合と共同出店したり(堅田店の出店時に始められた出店方式で、「堅田方式」と呼ばれる)、他社が撤退した店舗(もしくは、閉店した書店などの建物も有効活用)に入居して再生させたり、マンションの1階に入居したりと、出店パターンが多様なのも特徴である。
本拠地の滋賀県においては、ユニーから得た地域ドミナント戦略を参考にし、「琵琶湖ネックレスチェーン構想」と称して駅前中心街から郊外地域まできめ細かく店舗展開している。また滋賀県内のケンタッキーフライドチキンやTSUTAYAなどは平和堂の子会社によってフランチャイズ運営されている。県内小売業界で圧倒的なシェアを誇り、県民生活に大きな影響力を有するが、近年はイオンモールなどの県内進出もあり、今後の動向が注目される。

◆チケット高価買取店舗◆
ジョイプラン・志木店・阿佐ヶ谷店

この記事に関する項目