ららぽーと 商品券 ららぽーとTOKYO-BAY 買物券/チケット金券 換金転売 案内ガイド

Posted by & filed under , .

ららぽーと 商品券
ららぽーとTOKYO-BAY 買物券

ららぽーと(英称:LaLaPort)は、三井不動産の子会社「ららぽーとマネジメント株式会社」が運営する複合型大型ショッピングセンター(複合商業施設)である。千葉県船橋市のららぽーとTOKYO-BAY(旧称:ららぽーと船橋ショッピングセンター)が1号店。本項目では「ららぽーとマネジメント株式会社」及び関連施設についても説明する。

概要

三井不動産がデベロッパー(開発事業者)となり、ららぽーとマネジメントが運営する形態の店舗が多い。ららぽーと等50以上の商業施設を運営・管理している。一部の施設は施設名称の前に「三井ショッピングパーク」の名を冠する。
かつてはピーナッツのキャラクターショップ「スヌーピータウン」の事業も展開してきたが、契約切れにより2008年(平成20年)3月末をもって全店舗を閉店し事業から撤退した。同事業については同年春以降、キデイランドによって継承されてい。
沿革

1953年(昭和28年)4月 – 「朝日土地興業株式会社」設立。
1955年(昭和30年)2月 – 船橋ヘルスセンター開業。
1970年(昭和45年)1月13日 – 「株式会社船橋ヘルスセンター」設立。資本金5億円、100%三井不動産出資。
1970年(昭和45年)4月 – 朝日土地興業、三井不動産と合併。
1977年(昭和52年)5月 – 船橋ヘルスセンター閉鎖。
1981年(昭和56年)4月 – 跡地に「ららぽーと船橋ショッピングセンター」(現:ららぽーとTOKYO-BAY)開業。
1984年(昭和59年)9月 – 社名を「株式会社ららぽーと」に変更。
1992年(平成4年)4月 – アルパークの運営を受託。以後、ららぽーと船橋以外の施設運営も行う。
2001年(平成13年)4月 – シティズ・メイトと合併。
2003年(平成15年)4月 – 親会社の三井不動産の方針で会社分割を行う。これに伴い、資本金を40億20万円から4億5000万円に減資。
2008年(平成20年)4月1日 – 社名を「ららぽーとマネジメント株式会社」に変更。
2010年(平成22年)12月 – 本社を千葉県船橋市浜町のららぽーと三井ビルディングから東京都中央区日本橋浜町に移転。
ららぽーと

ららぽーと店舗
三井ショッピングパーク ららぽーとTOKYO-BAY
詳細は「ららぽーとTOKYO-BAY」を参照
1955年(昭和30年)2月に千葉県船橋市の埋立地に開設された船橋ヘルスセンター(三井不動産所有)が1977年(昭和52年)5月に閉鎖され、その跡地に1981年(昭和56年)4月2日、開業した。当時の名称は「ららぽーと船橋ショッピングセンター」。初期の核店舗は西端のそごうと東端のダイエーでその間に約200の専門店舗を展開して「団塊の世代」をターゲットとする形をとっていたが、そごうは2000年(平成12年)のそごうグループの民事再生法適用を受け閉鎖、ダイエーも2004年(平成16年)に業態再編に伴って撤退し、その後は若者向けを中心とした専門店舗街を前面に押し出した形態に転換。2006年(平成18年)8月にはブランド戦略の一環で「ららぽーとTOKYO-BAY」に名称変更した。
最寄り駅は東日本旅客鉄道(JR東日本)京葉線南船橋駅及び京成電鉄本線船橋競馬場駅であるがどちらも若干の距離があり、両駅発着の無料送迎バスが運行されている。この他にJR東日本総武線・東武鉄道野田線船橋駅、京成本線京成船橋駅からの路線バスがある。一方で国道357号に面した立地でもあり、広大な駐車場も整備されている。近隣にはIKEA、ビビットスクエア、船橋競馬場、船橋オートレース場が立地する。
ららぽーとの中で最大の店舗面積を持つ。日本のショッピングセンター全体では第3位。

◆チケット高価買取店舗◆
ジョイプラン・志木店・阿佐ヶ谷店

この記事に関する項目