HIS旅行券/金券チケット 買取 販売 案内ガイド

Posted by & filed under , .

HIS旅行券
HIS旅行券(株主優待券除く)

エイチ・アイ・エス
株式会社エイチ・アイ・エス(英: H.I.S. Co., Ltd.)は、旅行業法に基づく旅行業者である。

概説
「ツーリズムを通じて、世界の人々の見識を高め、国籍、人種、文化、宗教などを超え、世界平和・相互理解の促進に貢献する」という企業理念のもと、海外旅行および国内旅行の企画・販売・手配を行う総合旅行会社。

旅行業界のベンチャーとして、格安航空券をはじめ、オーストラリアでのホテル事業、また1996年には航空会社・スカイマークエアラインズの設立を発表(1998年定期運航開始。その後グループ外となり「スカイマーク株式会社」に社名変更)するなど、新たなチャレンジを繰り返してきた。

日本国外への格安航空券の販売が主であるが、現社名に変更された1990年頃から自社企画の海外パッケージツアー商品も販売するようになり、グループのホテルなども持つようになる。

2009年時点では格安航空券のほか、日本国外を主体とした比較的価格の安いパッケージツアー商品、フリープラン商品を中心に発売している。国外への格安航空券の販売で拡大してきた背景上、国内旅行の取扱いが極端に少なく、また国内旅行取扱い可能の営業所も少ない。

日本の大手旅行会社の中では、このH.I.S.とJTB(JTBはJR各社が株主であるが、系列やグループ企業ではない)は鉄道会社系ではない。

日本国内には273店舗の営業所(直営ではない「特約代理店」を7店舗含む)がある。2009年4月現在、山陰地方には鳥取県米子市の山陰営業所1箇所のみで、一時期松江市に営業所を設けていた時期もあるが、島根県には営業所は存在しない。

日本国外には、76都市100拠点のネットワークを有し、日本の旅行会社では唯一ソウル支店がある。

バリ島(インドネシア)やプーケット島(タイ)といった新興リゾート地のシェアはJTBを含め、日系旅行会社の中で群を抜いてトップである反面、ハワイなどの伝統的な観光地のシェアはまだまだ少ない。

略歴
・1980年(昭和55年) – 株式会社インターナショナルツアーズ設立。
・1990年(平成2年) – 商号を株式会社エイチ・アイ・エスに変更。
・1995年(平成7年) – 日本証券業協会の開設する店頭売買有価証券市場(ジャスダック)に登録。
・1996年(平成8年) – スカイマークエアランズ株式会社(現・スカイマーク株式会社)を設立(2005年以降、グループ外)。
・2002年(平成14年) – 株式会社東京証券取引所市場第二部に上場。
・2004年(平成16年) – 東京証券取引所市場第一部に指定。
・2006年(平成18年) – 2005年(平成17年)度の海外旅行取扱人数(単独決算ベース)において、JTBを抜いて、旅行業界首位となる。
・2006年(平成18年)11月 – インバウンド会社 「株式会社 エイチ・アイ・エス エクスペリエンス ジャパン」を設立。
・2008年(平成20年)5月 – 大手旅行業者では初めて、すべての商品の料金表示で、燃油サーチャージを含めた総額で表示する。
・2010年1月 – 経営難で赤字の長崎ハウステンボスへの再生支援を表明。
・2011年(平成23年) – 2011年3月期の海外旅行取扱高において、JTBを抜いて、旅行業界首位となる。

◆チケット高価買取店舗◆
ジョイプラン・志木店・阿佐ヶ谷店

この記事に関する項目