ロイヤルホームセンター 商品券

Posted by & filed under , .

ロイヤルホームセンター 商品券

ロイヤルホームセンター(英称:ROYAL HOME CENTER Co.,Ltd.)は、大阪府大阪市西区に本社がある大和ハウスグループのホームセンター。関西・関東地方を中心に・東海・中国・九州地方などに出店している。

沿革

1980年(昭和55年) – 大和ハウス工業の一事業部としてホームセンター事業部を発足。奈良県奈良市に第一号店として「ランバー奈良店」がオープン。
1986年(昭和61年) – 業界初のPOSシステム導入。
1993年(平成5年) – 運営会社として「ロイヤルホームセンター株式会社」を設立。
2002年(平成14年) – ロイヤルホームセンター最大売場面積となる千葉北店がオープン。
2003年(平成15年)3月 – 湘南モールフィル内に藤沢店がオープン。
2004年(平成16年) – 大和ハウスからホームセンター事業部を分社し、継承会社(吸収分割)としてスタート。
2008年(平成20年)2月 – ダイヤ通商より、関東地区のホームセンター「ビッグサム」6店舗の事業譲渡を受ける[1]。
2009年(平成21年)12月 – 取引先に対し、優越的地位の濫用を行ったとして、公正取引委員会から立入検査を受ける[2]。
主な不祥事・事件 [編集]

独占禁止法違反事件 [編集]
2010年(平成22年)7月30日に公正取引委員会は、ロイヤルホームセンターが2006年(平成18年)11月から2009年(平成21年)12月まで、納入業者約320社から延べ約1万3500人の従業員を不当に派遣させ、商品を売り場に運ばせたり陳列や撤去作業をさせたりしていたことや、売れ残った家庭用品や工具などの商品を納入業者約280社に不当に返品したとして、ロイヤルホームセンターのような大規模小売業者が、取引上の地位を利用し納入業者に強要する行為で、独占禁止法が禁じる不公正な取引方法の一つである優越的地位の濫用に当たるため、独占禁止法違反としてロイヤルホームセンターに排除措置命令を出した[3]。
東日本大震災に対する対応 [編集]
2011年(平成23年)3月11日14時46分に発生した地震により塩釜店、土浦店を一時閉鎖。後に土浦店は営業を再開したが、津波の影響が甚大な塩釜店はガラスが割れ、店内も水没しており店舗復旧が必要なために長期休業状態であった。4月には隣接するイオンタウン塩釜ショッピングセンター主催の復興市にも参加しテントにて日用品の販売も行った。早期の営業再開に向けて地権者の日本貨物鉄道(JR貨物)へ賃貸契約などの見直しを借主の大和ハウス工業が強く求めてきたが話は頓挫し、そのまま同年5月に閉店となった。これによりロイヤルホームセンター唯一の東北地方の店舗が消滅した。
その後ロイヤルホームセンター塩釜店跡地には、ホーマック塩釜店が入店した。
運営店舗
現行店舗

ロイヤルホームセンター塩釜店(東日本大震災の影響により閉店)
(宮城県塩釜市)

ロイヤルホームセンター吉塚店
(福岡県福岡市博多区・パピヨンプラザ内)
店舗の詳細はロイヤルホームセンター 店舗情報を参照
茨城県
土浦店
牛久店
千葉県
千葉北店
千葉店
習志野店
野田店
柏店
松戸みのり台店(ロイヤル金物)
栃木県
小山店
埼玉県
東松山店
新座店
越谷店
北本店(ロイヤル金物)
神奈川県
梶ヶ谷店
宮前平店
横浜四季の森店
湘南大磯店
伊勢原店
相模原橋本店
藤沢店
港南台店
愛知県
新守山店
西枇杷島店
ハード館長久手店
滋賀県
守山店
京都府
醍醐店
物集女店
京都横大路店
奈良県
奈良店
橿原店
ロイヤルビックス押熊店
大阪府
枚方店
吹田店
堺店
岸和田店(ロイヤル金物)
河内長野店
兵庫県
三田店
加古川店
西宮店
塚口店
ロイヤルプロ伊川谷店
北神戸店
岡山県
築港店
広島県
矢賀店
福岡県
吉塚店(パピヨンプラザ内)

◆チケット高価買取店舗◆
ジョイプラン・志木店・阿佐ヶ谷店

この記事に関する項目