東急観光 旅行券/金券チケット 買取 販売 案内ガイド

Posted by & filed under , .

東急観光 旅行券

トップツアー株式会社(英称:TOPTOUR CORPORATION)は、東京都目黒区に本社を置く旅行会社。
旧社名は東急観光株式会社(とうきゅうかんこう)と称し、東京急行電鉄の子会社であったが、2004年に東急グループから独立、2006年に社名をパッケージツアーのブランド名であったトップツアーに変更した。

概要

創業時より、団体旅行を得意分野の一つとし、旅のコンサルタントとして教育関連、企業・法人、官公庁等に強みを発揮している。前述のように創立50周年の節目に社名を変更せざるを得なくなり、これを第二の創業期と位置付ける形で、顧客満足度ナンバー・ワン企業を目指す取り組みを行っている。
東急グループからの独立後は会議ビジネスやWEB販売、あるいはSITツアー(テーマのある旅)等にも注力している。一方では、2006年5月にビジネストラベル部門で世界第3位であるBCDトラベル (BCD Travel) と業務提携を行い、さらに2009年9月には韓国の大手旅行会社(取扱第2位)であるモードツアーと業務提携し、日本・韓国の双方向での業務拡大を目指すなど積極的に新たな取り組みに挑戦している。
店舗

出店店舗の詳細は公式サイト「支店案内」を参照。現在では殆どの店舗が空中店舗となっている。
沿革

1956年(昭和31年)1月 – 東急観光株式会社として設立。
1972年(昭和47年)12月 – 「トップツアー」の販売開始。
1982年(昭和57年)7月 – 東京証券取引所第二部上場。
1987年(昭和62年)6月 – 東京証券取引所市場第一部に指定換え。
2003年(平成15年)1月 – 東急ナビジョン株式会社、東急ストリームライン株式会社、東急トラベルエンタテインメント株式会社が分離独立。
2003年(平成15年)12月 – 東京証券取引所市場第一部上場廃止。
2004年(平成16年)1月 – 株式交換により東京急行電鉄の完全子会社化。
2004年(平成16年)3月 – 東京急行電鉄からアクティブ・インベストメント・パートナーズ株式会社に株式の85%を譲渡し、東急グループから分離。
2004年(平成16年)7月 – 東急ナビジョン株式会社、東急ストリームライン株式会社、東急トラベルエンタテインメント株式会社を合併。
2006年(平成18年)1月 – トップツアー株式会社に商号変更。
2006年(平成18年)2月 – 株式会社日中旅行社を子会社化。
2006年(平成18年)5月 – ビジネストラベル部門で世界第3位のBCDトラベル(本社:オランダ)と業務提携。
2007年(平成19年)9月 – ポラリス・プリンシパル・ファイナンス株式会社が全株式を取得。
2008年(平成20年)2月 – 株式会社日中旅行社が倒産。
2009年(平成21年)9月 – 韓国の海外旅行(アウトバウンド)取扱第2位のモードツアーネットワークと業務提携。

◆チケット高価買取店舗◆
ジョイプラン・志木店・阿佐ヶ谷店

この記事に関する項目