相鉄ローゼン商品券/金券チケット 買取 販売 案内ガイド

Posted by & filed under , .

相鉄ローゼン商品券

相鉄ローゼン(そうてつローゼン)は相模鉄道沿線および神奈川県内の小田急電鉄沿線を中心に店舗展開する、相模鉄道系列(相鉄グループ)のスーパーマーケット。英文表記はSOTETSU ROSEN。
ローゼンはドイツ語でバラを意味し、株式会社相高(相高ストアを運営)に出資していた高島屋のシンボルであるバラにちなんでいる。1982年9月に株式会社相高を吸収合併し、相鉄興業株式会社から現在の商号に変更。資本関係が解消された後も横浜高島屋と縁が深く、お中元・お歳暮を配達扱いにすると高島屋の包装紙を使用できたり、双方の商品券を相互利用できる関係にある。またかつては第2位株主が高島屋であったり、高島屋出身の役員がいた。
会社のロゴマークとは別に店舗用のシンボルマークを制定している。

店舗概要

各店舗の詳細は公式サイト「ローゼン 店舗リスト」を参照。
店舗数 スーパーマーケット54店舗、 レディースファッション専門店10店舗(2009年2月28日現在)
中核店舗 三ツ境店(瀬谷区、1986年10月~)、港南台店(港南区、1974年9月~)、成瀬店(東京都町田市)、大和店(大和市、1991年11月~)
レディースファッション専門店は、横浜駅地下街ザ・ダイヤモンドなどに出店。
歴史
1962年(昭和37年)8月10日 – 相鉄興業株式会社設立。
1962年(昭和37年)9月1日 – 営業開始(相鉄不動産株式会社[1]から物品販売業・映画館業・飲食店業・広告業等を引継ぐ)。
1963年(昭和38年)11月 – 1号店(旧・相鉄ストア三ツ境店)を出店。
1964年(昭和39年)12月 – レディースファッション専門店の1号店「リリオ」を横浜駅地下街ザ・ダイヤモンドに出店。
1971年(昭和46年)3月5日 – 映画館 相鉄ムービル開館。
1982年(昭和57年)9月1日 – 株式会社相高(相模鉄道と高島屋との合弁企業)を吸収合併、相鉄ローゼン株式会社に商号変更。
1983年(昭和58年)2月 – 新たに店舗用のシンボルマークを制定。
1986年(昭和61年)12月8日 – 東証二部に上場。
1988年(昭和63年)
8月1日 – 東証一部に上場。
11月12日 – 相鉄ムービルを移転。
2003年(平成15年)8月 – 高島屋が所有していた持分全株を相鉄グループに譲渡。
2006年(平成18年)5月31日 – 相鉄ムービルの事業を東急レクリエーションに事業譲渡。
2008年(平成20年)
9月8日 – 富水店において、鮮魚部門の業務委託先の三光フーズによる一部商品の賞味期限表示違反が発覚 神奈川県小田原保健福祉事務所と農林水産省関東農政局の立ち入り調査を受ける。
9月12日 – 三光フーズに業務委託していた17店舗で、鮮魚部門を一時閉鎖。10月8日より順次再開。
2009年(平成21年)
4月2日 – 親会社の持ち株会社化への移行準備に伴い、東証一部上場廃止。
4月8日 – 株式交換により、相模鉄道(現・相鉄ホールディングス)の完全子会社となる。
2011年(平成23年)
3月1日 – (旧)相鉄ローゼン株式会社が、小売事業について会社分割を行い、相鉄トランスポート株式会社が承継。同時に、相鉄トランスポート株式会社は(新)相鉄ローゼン株式会社に商号変更。不動産賃貸業だけが残った(旧)相鉄ローゼン株式会社を、相鉄アーバンクリエイツ株式会社が吸収合併。

◆チケット高価買取店舗◆
ジョイプラン・志木店・阿佐ヶ谷店

この記事に関する項目