JALトラベル旅行券/金券チケット 買取 販売 案内ガイド

Posted by & filed under , .

JALトラベル旅行券

日本航空株式会社(にほんこうくう、英称:Japan Airlines Co., Ltd.)は、日本の航空会社。日本の航空会社で最大規模の国際線網と、国際線乗客数を有する。

概要

日本航空株式会社は、国際線はアジア、欧米を中心とし、国内線は東京国際空港(羽田空港)や大阪国際空港(伊丹空港)、新千歳空港などを拠点に幹線からローカル線まで、幅広い路線網を持つ。また、航空連合「ワンワールド」の一員である。2012年8月1日現在議決権ベースで96.5%を企業再生支援機構が保有(全1億7500万株、内海外4375万株)する[10]。
JALグループ再編の一環として2004年に日本航空株式会社から「日本航空インターナショナル」に社名変更し国際線と一部の国内線を担当する会社として発足したが、後に国内線の多くを担当する日本航空ジャパンを吸収合併したことにより、JAL便の運航を受け持つ単一の事業会社となった。2010年1月に会社更生法の適用を申請、更生手続の過程で持株会社「株式会社日本航空」や金融事業会社「ジャルキャピタル」などを吸収合併した。グループを代表する中核事業会社として、一般には旧持株会社同様、日本航空、日航、JAL(ジャル)と通称される。
沿革

日本航空の歴史も参照。斜体のものは日本航空ジャパン=日本エアシステムの事項。更なる詳細は日本エアシステムの記事を参照。
2002年(平成14年)10月2日 – 日本エアシステム(後の日本航空ジャパン)と経営統合し、同社との株式移転により持株会社株式会社日本航空システム(後の株式会社日本航空)を設立、日本エアシステムと共にその完全子会社となる。
2004年(平成16年)4月1日 – 日本航空、日本エアシステムを、それぞれ日本航空インターナショナル、日本航空ジャパンと商号変更。同時に旧日本エアシステムの貨物事業が日本航空インターナショナルに全面移管される。
2005年(平成17年)10月25日 – JALグループとして国際的な航空連合である「ワンワールド」への加盟方針を決定した。
2006年(平成18年)4月1日 – 日本航空インターナショナルを存続会社として、ジャルセールスと合併。
2006年(平成18年)10月1日 – 日本航空インターナショナルを存続会社として、日本航空ジャパンを吸収合併。
2007年(平成19年)4月1日 – 日本航空インターナショナル、日本アジア航空、JALウェイズ、JALエクスプレス、ジェイ・エア、日本トランスオーシャン航空が『ワンワールド』に正式加盟・サービス開始。『ワンワールド』塗装の飛行機を運航。
2008年(平成20年)4月1日 – 日本アジア航空を吸収合併。これにより日本アジア航空が運航していた中華民国路線は日本航空インターナショナルに承継された。
2010年(平成22年) 1月19日 – 親会社である日本航空および、株式会社日本航空の子会社であるジャルキャピタルと共に東京地裁に会社更生法の適用を申請。西松遥社長以下取締役は即日辞任した[11]。新経営陣は、2月1日付けで就任し、新たな会社としてスタートする。
2010年2月1日 – 日本エアコミューター代表取締役社長大西賢が代表取締役社長兼グループCOOに、京セラ株式会社代表取締役名誉会長稲盛和夫が代表取締役会長兼グループCEOにそれぞれ就任同日付で大西・稲盛体制及び新経営陣発足。引き続き企業再生支援機構が支援する。
2010年6月25日 – 債権の一本化および債権カット交渉の円滑化を目的として、元子会社のジャルキャピタルと共に親会社である日本航空に吸収・統合されることが発表された[12]。
2010年8月31日 – 更生計画案を東京地裁に提出[13]。
2010年9月16日 – 2022年FIFAワールドカップ日本招致委員会とオフィシャル招致パートナー契約を締結し、渡航時の輸送協力や機内誌、機内映像での広報協力などを行う[14]。
2010年11月30日 – 東京地裁が更生計画案を認可。
2010年12月1日 – 以下の施策を実施。
当社を存続会社として、日本航空とジャルキャピタルを吸収合併(同年6月の報道時から変更)。
合併により旧日本航空株主に交付された当社株式を直ちに無償取得、無償取得分を含む全自己株式を消却し100%減資。
企業再生支援機構から資本金・資本準備金各1750億円の出資を受け、同機構傘下に入る。
JALウェイズおよびジャルリーブルを吸収合併。
2011年3月28日 – 会社更生終了。民間企業に復帰する。
2011年4月1日 – 日本航空株式会社に商号変更、日本エアシステムとの経営統合前の商号に復する。

◆チケット高価買取店舗◆
ジョイプラン・志木店・阿佐ヶ谷店

この記事に関する項目