東京サマーランド プール券/金券チケット 買取 販売 案内ガイド

Posted by & filed under , .

サマーランド プール券
サマーランド
東京サマーランド(とうきょうサマーランド)は、東京都あきる野市にあるテーマパーク、およびその運営会社。

沿革
1970年(昭和45年) – 東京都競馬100%出資で、株式会社東京サマーランドを設立。
1971年(昭和46年) – 東京都競馬株式会社が株式会社東京サーキットを吸収合併。株式会社東京サマーランドが、東京都競馬よりサマーランド運営の委託を受ける。
1972年(昭和47年)8月 – 全22レーンのボウリング場「サマーボウル」開業。
1986年(昭和61年)4月 – 屋外遊園地「スリルマウンテン」開業。
1988年(昭和63年)7月 – 屋外プール施設に「フリーフォールスライド」「スピードスライド」オープン。
1990年(平成2年) – 東京セサミプレイス開園。
1991年(平成3年)7月 – スリルマウンテンに大観覧車「スターホイール」開業。
1992年(平成4年)7月 – スリルマウンテンに日本初のサスペンデッド(吊り下がり式)コースター「はやぶさ」開業。
1994年(平成6年)7月 – 新エリア「スプラッシュガーデン」、新アトラクション「スプラッシュフォール」開業。
1996年(平成8年)4月 – スリルマウンテンにワイヤー式振り子アトラクション「風人」、ウォーターパラダイスに子供向けプール施設「ココナッツビーチ」開業。
1997年(平成9年)7月 – 屋外プール施設が「アドベンチャーラグーン」としてリニューアルオープン。
1998年(平成10年)4月 – アドベンチャーラグーンに温浴施設「スプリングハウス」、子供向けプール施設「アドベンチャーフォール」、ビーバーレイクに「スーパーモンキーフロート」登場。
1999年(平成11年) – 屋内施設「ビッグドーム」、屋内プール施設「ウォーターパラダイス」が「アドベンチャードーム」としてリニューアルオープン。
2000年(平成12年) – アドベンチャードーム地下に大型温浴施設「湯遊大洞窟」登場。
2002年(平成14年)7月1日 – アドベンチャーラグーンに「バッシャハウス」「噴水アーチウェイ」登場。
2003年(平成15年)3月 – アドベンチャードームに新ウォータースライダー「Tiki(ティキ)スライド」登場。
2004年(平成16年) – 東京ムツゴロウ動物王国開園。
2004年(平成16年)3月 – アドベンチャードーム内に子供向けプール施設「フルーツアイランド」オープン。
2005年(平成17年) – 「はやぶさ」営業終了。
2006年(平成18年)12月31日 – 東京セサミプレイス閉園。
2007年(平成19年)7月1日 – 開業40周年を記念し、アドベンチャーラグーン拡大オープン。総水路延長日本最大級(約650m)の流れるプール「グレートジャーニー」を始めとした新施設が計6種登場。
2007年(平成19年)11月25日 – 東京ムツゴロウ動物王国閉園。
2009年(平成21年)7月1日 – アドベンチャーラグーンに大型休憩施設「アドベンチャー・レスト」オープン。
2010年(平成22年)4月3日 – スリルマウンテンに新アトラクション「スピンディンギー」登場。
2010年(平成22年)7月1日 – アドベンチャーラグーンに2本の新大型ウォータースライダー「タワーズロック」登場。
2011年(平成23年)4月29日 – スリルマウンテンに新アトラクション「ランダーズカップ」登場。
2011年(平成23年)5月8日 – 「サマーボウル」営業終了。
2012年(平成24年)7月1日 – アドベンチャーラグーンに新ウォータースライダー「dobon(ドボン)」開業予定。

アクセス
鉄道・バス
JR東日本五日市線秋川駅(北口2番乗り場)より西東京バス八王子駅方面バス又はサマーランド行きバスで5分
JR東日本中央線・横浜線・京王電鉄京王線京王八王子駅(中央口3番乗り場)より、西東京バス秋川駅方面又はサマーランド行きバスで30分

首都圏中央連絡自動車道あきる野インターチェンジより2分程度
通常のアクセスルートはあきる野インターチェンジ交差点を左折するが夏期は渋滞するため交差点を右折する迂回ルートもある。 また、あきる野IC混雑時、圏央道鶴ヶ島ジャンクション方面から来た場合は圏央道日の出インターチェンジ、中央道八王子ジャンクション方面から来た場合は圏央道八王子西インターチェンジで降りてアクセスしたほうが比較的早い場合もある。 詳しい迂回ルート情報は東京サマーランドホームページに記載。

この記事に関する項目