東京ジョイポリス パスポート/金券チケット 買取 販売 案内ガイド

Posted by & filed under , .

東京ジョイポリス パスポート
東京ジョイポリスアトラクション券

ジョイポリス
ジョイポリスは、株式会社セガが運営するテーマパークでお台場、梅田、岡山の3箇所にある。以前は横浜・新山下や新宿タカシマヤタイムズスクエア、福岡・キャナルシティ博多、京都駅ビル、新潟・万代シテイなどにもあったが、撤退した。

各施設の概要
東京ジョイポリス
所在地:東京都港区台場1-6-1 「デックス東京ビーチ」 3F~5F(面積:9600m²)
1996年7月12日:オープン[1]。
2000年12月:全館リニューアルオープン。総工費約7億円
2001年10月23日:ナムコの運営するナムコ・ナンジャタウンと”遊好姉妹都市”を締結。
2003年11月7日:累積入場者数1000万人突破。
2005年4月18日:30歳の男性がスカイダイビングの疑似体験が出来るシミュレーション型のフリーフォールアトラクション「ビバ!スカイダイビング」から転落し死亡する事故が発生。翌日より営業を停止。詳しくは東京ジョイポリス転落事故参照。
2005年8月10日:「ビバ!スカイダイビング」の運営を終了し、当アトラクションを撤去した上で営業を再開。
2008年:CMキャラクターとして鼠先輩を起用(2008年7月~2009年12月)。
2009年:CMキャラクターとしてはんにゃを起用(2009年7月~12月)。
2010年:CMキャラクターとして小森純を起用(2010年7月~2011年6月)。
2011年:CMキャラクターとしてももいろクローバーZを起用(2011年7月~)。
2012年1月10日:全館リニューアルの為、7月13日までの約半年間、営業を停止する。2度目の大規模リニューアルとなる。休館中、1月21日~5月15日まで、デックス東京ビーチ3階アイランドモールに一部アトラクションやゲームコーナーなどを移設し「ジョイポリス ナノ」がオープンしていた。
2012年7月14日:「デジタリアル」をテーマに2度目の全館リニューアルオープン。CMキャラクターにNYCboysを起用。
梅田ジョイポリス
所在地:大阪府大阪市北区角田町5-15「HEP FIVE」8F・9F(面積:3485m²)
1998年11月28日:オープン
岡山ジョイポリス

岡山ジョイポリス
所在地:岡山県岡山市北区下石井2-10-1 ジョイフルタウン岡山 イトーヨーカ堂岡山店に併設
1998年7月:オープン
2008年頃にアトラクションは全て撤去され、アーケードゲーム機のみとなる。同時に、ボウリング、カラオケも地元同業のサンフラワーに営業譲渡された。

この記事に関する項目