ナンジャタウン パスポート/金券チケット 買取 販売 案内ガイド

Posted by & filed under , .

ナンジャタウン パスポート
ナムコ・ナンジャタウン
ナンジャタウン(NAMCO NAMJATOWN)は、アミューズメントスポット事業会社ナムコが運営する屋内型テーマパーク。1996年7月6日に東京・池袋のサンシャインシティに開園した。パークのテーマは「思い出とトキメキのテーマパーク」。

バックストーリー
開園当初のナンジャタウンはディズニーランドのようなテーマ性の高い遊具やアトラクションを中心とした構成だった。
2001年10月23日にセガの運営する東京ジョイポリスと“遊好姉妹都市”を締結した。
2002年7月にナンジャタウン内の「福袋七丁目商店街」に「池袋餃子スタジアム」がオープンして以降、ナンジャタウンはフードテーマパークとしての色彩を強めていった。ナンジャタウンを開園するにあたり設立されたプロジェクトチーム「チームナンジャ」は、フードテーマパークプロデュース集団としてナンジャタウン内で「アイスクリームシティ」「東京デザート共和国」等の企画を手がけたほか、各地に多くのテーマパークを送り出した。テーマパーク一覧については関連項目ナムコに詳述。
2005年7月には「りらくの森」という新しい業態(癒し、リラクゼーション)にも着手したが、2010年5月5日に営業終了した。
特徴
サンシャインシティ内のビルの1つであるワールドインポートマートの、それまで三越が入居していた2・3Fと1Fの一部を利用して開園した。既存の建物のテナントとして開業したので、天井高や床の強度、フロア内の柱などの制限により大型アトラクション装置などの設置は不可能だった。そのためアトラクションは「園内を回遊する」タイプの物が非常に多く、ただ歩くだけでも楽しいテーマ性の高い園内に、ゲーム性を付加している。この特徴を持つ代表的なアトラクションとしては、スタンプラリーの「ナンジャスタンプコレクション」、推理ゲームの「ナンジャ探偵団」、占いの「占者ストリート」などがある。
パーク内は昭和30年代の商店街を再現した「福袋七丁目商店街」→「福袋餃子自慢商店街」や、イタリアのローマをモチーフとした「マカロニ広場」、古き良きアメリカをイメージさせる「ナンダーバード」といった街区(がいく)と呼ばれるブロックに区切られ、それぞれに独自のカラーを持たせている。
夏休みなどを中心としたイベントなどが他のテーマパークに比べるかなり充実していることも特徴の一つである。最近では、漫画作品のコミック・単行本の発売記念やアニメ作品のテレビ放映開始・劇場公開作品(主にアニメ映画)の公開記念・DVD販売記念やゲームソフトの発売記念などのタイアップイベントを開催し、得意とするフードテーマパークでの期間限定メニューの販売も同時に行なっている、
また開園当初から現在まで、室内テーマパークとしてはリピーターが多いことも特徴である。これは上記のように年間を通して様々なイベントがあり常にパークの新鮮さを維持していることと、アトラクションやイベントの難易度が全体的に高く、いわゆる“はまりやすい”内容であることが考えられる。特にかつて存在した「スーパーナンジャビザ」はクリアすれば様々な特典が受けられるため利用者が多かったが、108つのスタンプを集めるのは思いのほか難しく、1回の入園ではすべて集めきることが出来ないため、リピーターを作る要因となった。
マスコットキャラクター
三毛猫のナジャヴとそのガールフレンドのナジャミー。
各街区ではイメージに応じたコスチュームを身にまとった2人のイラストを目にすることが出来る。また、「ザ・ウオール」がある2階~3階吹き抜け部にある階段の踊り場をステージとして使用したナンジャコアのステージ、またはフェスタ・スクエア前の広場のマカロニ広場ステージやイベントスペースの「ナンジャアリーナ」では、ナジャヴ・ナジャミーが出演するショーステージやイベントが行われるほか、ナジャヴ・ナジャミーが園内に登場して挨拶に廻る、「ナジャヴ・ナジャミーのハッピーミート」(キャラクターグリーティング)が行われる。同園内にあるオフィシャルショップ「ナジャヴルーム」で2人のキャラクターが描かれたお土産を購入出来る。他には赤ちゃん猫のナンチッチや幸せを運ぶ青い鳥のハピル、お化けのもののけたまが存在する。さらに他にも数種類のキャラクターが存在する。

◆チケット高価買取店舗◆
ジョイプラン・志木店・阿佐ヶ谷店

この記事に関する項目