白浜アドベンチャーワールド 入場券/金券チケット 買取 販売 案内ガイド

Posted by & filed under , .

白浜アドベンチャーワールド 入場券

アドベンチャーワールド
南紀白浜空港から見た全景
アドベンチャーワールドは、和歌山県西牟婁郡白浜町にある動物園、水族館、遊園地が一体になったテーマパークである。大阪府松原市に本社を置く株式会社丸末(不動産・建設業)の関連会社である株式会社アワーズ (AWS) が運営している。 1978年4月22日のオープン当初は「南紀白浜ワールドサファリ」という名称であった。

概要
「人間(ひと)と動物と自然とのふれあい」をテーマに、日々新たなことに取り組み挑戦する。動物園・水族館・遊園地の3つを併せ持つ全国でも珍しいスタイルのテーマパークである。園内には数々の施設があるが、ジャイアントパンダの飼育展示、広大な敷地に放し飼いにされた動物たちの中をケニア号が進むサファリツアー、イルカ、クジラ、アシカショーなど、自然界を代表する動物が総覧できるパークは日本でもここだけであり、そのことがここを有名にさせている所以である。
ゴールデンウィークや夏休み期間中には夜間営業も行われており、昼間とは違う動物たちの姿を見ることができる。また、夜間営業中は夜間のイルカショー「ナイトマリンライブ」が開催され、花火が打ち上げられるなど、昼間のショーとはまた違った趣向で楽しめる。パーク内では動物をテーマにしたレストランやカフェがあり、園内の動物たちや白浜半島にちなんだみやげ物も多数販売されている。子供たちにとってだけでなく、大人でも楽しめるイベントや学術的なツアーもあり、2〜3世代のファミリー・カップル・夫婦などが楽しむ姿が目立つ施設である。
動物園

アドベンチャーワールド
ADVENTURE WORLD

施設情報
専門分野 サファリパーク・ジャイアントパンダの繁殖
事業主体 民間
管理運営 株式会社アワーズ
開園 1978年
テンプレートを表示
サファリワールド – 肉食動物ゾーン、草食動物ゾーンのツアー
パンダランド
わんわんガーデン
ふれあい広場 – コビトカバ、ゴマフアザラシ、チンパンジーなどがいる。
ふれあいの里 Red Wood Images
フラミンゴ広場 – フラミンゴの他にレッサーパンダもいる。
ゾウふれあい広場 – アジアゾウがいる。
サファリゾーン&ナイトサファリ
広大なサファリゾーンでは、列車型(牽引)バス「ケニア号」・1人〜3人乗りの自転車・2階建てバス・ゴルフ用カートやジープなどの乗物を使って周遊する。ケニア号以外はすべてオプションであり、窓口で料金を支払う必要がある。徒歩でも1.5kmほどの距離があるが探検することができる。ただしライオンやクマなどの猛獣ゾーンへはゲートが有り、(当然ではあるが)徒歩・自転車・カートでの立ち入りができない。
予約できるツアーに参加すれば、途中でキリンやサイなど様々な動物とふれあったり、色々なシーンにも遭遇できる。
また、ツアーに参加しなくても、サファリの草食動物ゾーンでは、自動販売機で有料のエサを購入すれば、キリン、ムフロン、ラクダ、エミュー、カンガルーなどにエサを与える事ができるし、指定時間に当該場所に行けば、予約なしでアフリカゾウ、サイ、ライオンへのエサやりイベント(有料)にも参加できる。
夜間営業期間中には「ナイトサファリツアー」もある(最終のケニア号の運行時刻とナイトマリンライブは時間的に接近しているが、このあたりのタイムスケジュールは毎年変わるので、事前にホームページなどで確認しておくとよい)。
ふれあい広場
ふれあい広場だけでも小規模な動物園ぐらいの規模があるが、人間が歩く部分に、マーラ、シカ、ゾウガメ、アヒルなどが放されていて、エサをやったり(有料)、ふれあいを楽しんだりも出来る。また、柵の中にいるケープペンギンやゴマフアザラシ等の動物も、普通にすぐそこにいる、と言う程度の距離である。

◆チケット高価買取店舗◆
ジョイプラン・志木店・阿佐ヶ谷店

この記事に関する項目