ひらかたパーク 入園券/金券チケット 買取 販売 案内ガイド

Posted by & filed under , .

ひらかたパーク 入園券
ひらかたパークは、京阪電気鉄道が運営する遊園地。大阪府枚方市枚方公園町に位置する。最寄り駅は京阪本線・枚方公園駅。通称は「ひらパー」。 毎年コンスタントに120万人前後の入園者数があり、その数はユニバーサルスタジオジャパン(USJ)に次いで、大阪府下第2位を誇る。
概要
歴史
現在営業している日本の遊園地の中では最も古い歴史を持つ。日本最古としては浅草花やしきがあるが、花やしきは1942年(昭和17年)に取り壊された後、1947年(昭和22年)に復活した経緯があるため、断絶のない歴史としてはひらかたパークが最も古い遊園地となる。
前身は寝屋川市にあった「香里遊園地」。1910年(明治43年)、京阪電車の開通に合わせ香里駅(現・香里園駅)近くの北河内郡友呂岐村大字郡(こおり)に十二万坪で開園した。当時繁栄していた遊園地であり、地名の響きも似ていた香櫨園(こうろえん)(兵庫県西宮市)にあやかり、名づけられたという。香里遊園地では第一回(1910年(明治43年))、第二回(1911年(明治44年))の菊人形展が開催されたが、周辺を住宅地として開発するために移転される事になり、枚方駅(現・枚方公園駅)付近に約1万m2の用地を買収、1912年(大正元年)10月6日~11月25日第三回菊人形展が枚方で開催された。これが『ひらかたパーク』開業の起源となった。
その後、菊人形展は1919年(大正8年)~1922年(大正11年)に宇治で開かれていたが、1923年(大正12年)以降は枚方での開催が定着した。1926年(大正15年)に「枚方遊園組合」を設立して実質京阪電鉄の経営に一本化され、本館・余興館・ボート池・滑り台・ブランコなどを設置された。
菊人形展は第二次世界大戦中も「戦力増強決戦菊人形」と呼称されて1943年(昭和18年)まで続けられた。が、その後建物は軍需工場として、グランドは食糧増産のために畑に耕された。
1948年(昭和23年)ごろまで千里山遊園でも菊人形展を開催していた記録が残っているため、戦中、あるいは戦後直後までは枚方以外でも菊人形展が開催されていた事になる。なお、1948年(昭和23年)以降は枚方での開催のみとなっており、そのことが千里山遊園の閉鎖の一因とも言われる。しかし、戦中戦後に渡って菊人形が千里山遊園で開催されていた時期は京阪と阪急が合併していた時期と符合しており、1949年(昭和24年)に両者が分離して以降は熾烈なライバル関係になったため、阪急が運営する千里山遊園で菊人形を開催する事を嫌ったとする説もある。
毎年秋季に開催されていた「ひらかた大菊人形展」は、主にNHK大河ドラマで放送される作品等を題材に展示していた(一部例外あり)。しかし、後継者不足などを理由として2005年(平成17年)で大規模なものは終了となった。その後、翌2006年(平成18年)には小規模な回顧展が開催された後、2010年(平成22年)には京阪電鉄の創業100周年記念企画として、限定復活開催されることになった。
年表 [編集]
1949年(昭和24年)10月1日 – 戦後初の「菊人形展」を開催。
1950年(昭和25年)9月30日 – 野外劇場、菊文庫、竣工。
1953年(昭和28年)10月1日 – ひらかたパーク大劇場、竣工。
1955年(昭和30年)4月1日 – 「バラ園」完成(当時東洋一のバラ園)。
1960年(昭和35年)
3月 – 「モンキーランド」設置。
6月 – 通年営業となる。
1965年(昭和40年)6月20日 – 「ファミリープール」営業開始。
1972年(昭和47年)12月1日 – 「アイス・スケートリンク」開業
1979年(昭和54年)7月1日 – 「流水プール」新設。
1980年(昭和55年)3月14日 – 京阪開業70周年の記念事業の一つとして60形電車『びわこ号』が修復され保存展示。
1987年(昭和62年)9月19日 – 「急流すべり」営業開始。
1988年(昭和63年)4月28日 – 「レッドファルコン」営業開始。
1991年(平成3年)4月27日 – 大観覧車「スカイウォーカー」営業開始。
1992年(平成4年)7月12日 – プール「ザ・ブーン」がオープン。
1994年(平成6年)
3月11日 – モンキーランド跡を「ワンダーガーデン」としてリニューアル。
7月9日 – バーコードシステムの使用開始(遊園地としては日本初)。
1995年(平成7年)11月 – リニューアル工事開始。
1996年(平成8年)
1月8日 – 『びわこ号』寝屋川車庫で修復開始(修復後6月20日バラ園に再設置)。
3月30日 – リニューアルした部分から暫定オープン。それ以降TVのスポットCMでは「♪ひっらパ~」のサウンドロゴが付くようになる。
7月20日 – リニューアル工事完了、グランドオープン。
1997年(平成9年)
7月20日 – 「ジャイアントドロップメテオ」営業開始。
12月31日 – 「カウントダウン&オールナイト」営業実施。
1999年(平成11年)10月23日 – 菊人形を米国・ロングウッドガーデンに招待展示。
2000年(平成12年)
3月17日 – 「ファンタジーゾーン」リニューアルオープン。
4月3日 – 京阪レジャーサービス設立、同月14日より「ひらかたパーク」の運営業務を委託
7月8日 – プール「ザ・ブーン」リニューアル。
9月22日 – 「ISO14001」認証を取得。遊園地としては日本初。
日付不明 – バラ園のリニューアル工事に伴い『びわこ号』が寝屋川車庫へ移送。
2005年(平成17年)12月4日 – 大菊人形展を終了。
2009年(平成21年)
1月12日 – 「トップガン」の営業を終了
7月18日 – 新アトラクション「ぐるぐる王」営業開始。
9月13日 – アトラクションカード販売終了。
2011年(平成23年)
7月3日 – プール「ザ・ブーン」で『スイムキャップ一斉着用人数世界一』に挑戦、ギネス世界記録に認定。
10月16日 – 『一斉にシャツの襟を立てた人数世界一』に挑戦、ギネス世界記録に認定。
2012年(平成24年)
7月2日 – 「スーパートマホーク」の営業を終了
現状 [編集]
1996年(平成8年)7月20日、80億円を投じて敷地内を大規模改装し、リフレッシュオープンを果たした。この時、京阪は公式に「ひらパー」の略称を大々的に使用し、テレビコマーシャルでも「ひらパー 目指せ知名度100%」との宣伝を行った。CMに関しては、2007年(平成19年)に放送された一連のCMが第6回大阪広告協会最優秀賞(一般部門)を受賞している。
長期の不況や少子化、レジャーの多様化などによって入園者数が減少傾向にあった中で、2001年(平成13年)にユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)が開業したこともあり、21世紀に入ってから業績不振などで近畿地方の3/4の遊園地が閉園に追い込まれている。宝塚ファミリーランドや神戸ポートピアランド、近鉄あやめ池遊園地、甲子園阪神パークなど、関西の大手私鉄が運営していた歴史のある遊園地もそのほとんどが閉園となっているが、その中でもひらかたパークは堅調な運営を続けている数少ない私鉄運営遊園地の1つとなっている。

◆チケット高価買取店舗◆
ジョイプラン・志木店・阿佐ヶ谷店

この記事に関する項目